苔の先端部・透明尖

スナゴケは体のつくりが強い光や急激な乾燥に耐える構造になっている。葉の先端部はすべて透明尖になっており、強い光を透過させるのに効果的であると考えられています。また葉身細胞では、数多くの透明な突起物がその表面を覆い、光をうまく分散しています。

モスネット協会入会について

モスネット協会 & 成稜株式会社 緑化事業部

〒675-0037 兵庫県加古川市加古川町本町363
Tel 079-422-0494 Fax 079-422-0594 

BACK   TOP